これから伸びる土地活用は戸建賃貸住宅です。少ない投資と高い利回り、長期間に渡る価値の維持が可能な、これからの賃貸投資の主役です。

小さな土地でも賃貸事業

戸建賃貸住宅の魅力の一つが、小さな土地でも建築が可能な点です。
戸建賃貸住宅と聞くと、昔の借家を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、戸建賃貸住宅も借家の一種と考えられます。
ですが、従来の借家は、元々そこを利用していた持ち主が、住替えなどで使わなくなった自宅を借家として提供するのが主流でした。
しかし、現在の戸建賃貸住宅は、あくまで賃貸を目的として建築して、利益を得るためのもの。つまり、借家専用の賃貸住宅と言えます。
そのため、比較的狭い土地空間に建てられるように工夫されていて、2LDKの賃貸を考えた場合、戸建部分で18坪、駐車場を入れても25坪程度で建てられます。もちろん、2DKにすればより小さな土地でも建築位可能です。
一般住宅(分譲住宅)では、将来的な間取りなどを考慮する必要がありますが、賃貸のように入居者が一定の期間で変わりやすい(住み替えやすい)場合は、間取りよりも利便性(立地)と経済性(家賃)が優先されやすいので、比較的手狭な間取りでも十分に入居が見込めます。 戸建賃貸住宅

高い利回りで収益性を確保

マンションと戸建賃貸住宅を比べてみましょう。マンションは2LDK(12戸)で、戸建賃貸住宅は3LDK(4戸)です。
さて、普通に考えると戸数の多いマンションのほうが良いように思えます。確かに、同じ家賃の場合、絶対数の多いマンションのほうが収益が多くなります。
しかし、建設費を考えると、収益自体は多いですが、収益率では、戸建賃貸住宅に負けてしまいます。
間取りが大きな戸建賃貸住宅が間取りの小さいマンションと同じ家賃設定で、負けてしまうのです。
それは、建築費が3倍ぐらい違うからで、融資によって建設した場合は返済額も3倍ぐらい違います。
もちろん、利益も3分の1になりますが、戸数が3倍違いことに注意して下さい。つまり、戸数あたりの収益率は3倍あるということです(=投資費用÷戸数と収益÷戸数の比較)。
戸建賃貸住宅の方が、マンションなどの集合賃貸住宅に比べリスクが低く、戸数ベースでの収益性が高いことをご理解いただけましたでしょうか? 戸建賃貸住宅

安価に建てて、早期回収

戸建賃貸住宅のもう一つの魅力は建築コストの安さ。
構造的には一般住宅と同じですので、集合賃貸住宅に比べ、初期費用が少なくて済みます。
特に、軟弱地盤の場合、高重量建造物の集合賃貸住宅なら、地盤改良工事だけでもかなりの費用が掛ります。
初期投資が少なくなれば、初期費用を回収するのも容易になります。
また、戸建賃貸住宅の場合、多少立地が悪くても旺盛な需要により、賃料を高めに設定できる可能性が高いので、より有利な利回りを得ることも可能です。 特に、融資を活用して建築する場合、総額を抑えることで、返済計画も楽になり、高い利回りとの相乗効果で、素早い投資費用の回収が可能となります。
しかも、ハウスマスターなら中間マージンをカットして資材を仕入れることができますので、より安価に戸建賃貸住宅を建てることができ、その分、より有利な利回りで運用が可能です。 戸建賃貸住宅

資産価値を落とさない戸建

一般的な集合賃貸住宅はたくさんありますが、戸建賃貸住宅はまだまだ希少。そのため、長期に渡って資産価値を維持できやすいと言う特徴があります。
戸建ですので、防音などをあまり気にする必要もなく、共益部分もないため、同じ価格帯のアパート、マンションなどの比べて入居者のメリットが多く、高い人気を集めています。
一般的に、集合賃貸住宅の場合、新築時に最も入居率が高く、家賃も最も高くなります(2年〜4年間程度)。その後、年数が経つにつれ、入居率が下がり始め、入居率を回復するために家賃を下げるということが行われます。
そのため、年数が経つにるれ利回りが低くなりやすく、収益性が悪化します。特に、融資を受けて建てた場合、ローン返済費用でほとんどが相殺されてしまう場合もあります。
しかし、戸建賃貸住宅は供給が需要に追いついていない状態ですので、入居率を高く保つ事ができ、家賃の下げ幅も集合賃貸住宅に比べて緩やかになるので、より高い収益性を実現できます。
しかも、上記で書いたとおり、集合賃貸住宅に比べて建築費が安価なので、得られる利回りは集合賃貸住宅よりも大きくなります。
一戸建て感覚のため、賃貸の割に入居者の質も高く、設備の損傷も入居者が負担する場合なら、管理コスト(修繕費など)も抑えることができます。

戸建だから出来る、資産の流動化

戸建の最大の特徴は、戸建だから出来る資産流動性の確保。つまり、個別売却が出来ることです。
集合賃貸住宅の場合、資産売却を行おうと思うと1棟まるまる売却しなくてはなりません。当然、買い手は限られますし、更地にして売却する場合解体費用も馬鹿にならない金額になるでしょう。
売却までの時間を考えると、とても流動性があるとは言い難いのです。
しかし、戸建賃貸住宅なら、個別に売却することも可能なのです。例えば、4棟あるうちの1棟だけを売却し、残りの3棟は引き続き賃貸として収益を得るという事もできます。これにより、資産形成や生活設計の自由度が高まり、土地資産をより柔軟に運用することが出来るようになります。 戸建賃貸住宅

戸建賃貸住宅にはノウハウが必要です。

大手ディベロッパーを含む、多くの会社が集合賃貸賃貸を展開しています。確かに、大手になればなるほど、色々なサービスが付加され、投資リスクを低くする努力がなされています。
しかし、大手が集合賃貸賃貸を積極的にすすめるのは、なにも地主さんの利益を図るためではなく、1棟あたりの利益が大きなためです。つまり、利益率が同じなら、より大きなものを建てれば、それだけ利益が増えるという図式です。そのため、大手ディベロッパーでも戸建賃貸住宅に対するノウハウはあまりありません。
逆に当社のように戸建賃貸住宅を手がけている会社の多くは規模こそ小さいですが、より効率的に建てることを目指している場合が多く、結果的に高い利回りを実現できるノウハウを身に着けています。
同じような賃貸物件ですが、そこには、目に見えないノウハウの違いにより、初期投資、そして利回りに影響を与えますので、戸建賃貸住宅にご興味がある方は、ぜひ、当社 ハウスマスターをご検討下さい。

当社の建築物は10年の保証がつきます

ハウスマスターで物件を建てられた場合、各種検査、報告書の他に、10年間の建築物保証が付きます。
賃貸住宅はオーナー様の大切な資産であると同時に、投資資産でもあるので、建築後の不具合等があると、収益にも影響が出ます。
万一、ハウスマスターで建築した物件に瑕疵が発生した場合、当社が責任を持って修繕・保証を行いますので、ご安心下さい。 建物保証はJIOをはじめ、瑕疵保証のある建築会社を選定してご提案いたします。