土地活用のメインは集合住宅。土地あたりの収益単価が大きいのが魅力です。

土地単位あたりの収益が魅力

集合賃貸住宅の魅力は土地単位あたりの収益性と言えるでしょう。
基本的に上に上にと住宅が重なっていきますので、坪当たりの収益性は高くなります。比較的広い土地をお持ちで、中・高層集合住宅が望める立地ならば、収益は高くなります。
しかし、初期費用も大きく膨らみやすく、収益が多くても利回り的には不利になることが多いのも集合賃貸住宅の特徴で、特に、2階建て程度の低層アパートでは、建て方によっては思ったほど利益を得られない可能性がありますが、戸建賃貸住宅に比べると、駐車場の確保などのハードルが低いため、より大型の間取りや、より多くの戸数を建てられるメリットがあるので、土地そのものの収益性という観点では最も適していると言えるでしょう。

利回りを最大化するには

基本的に集合賃貸住宅は建築コストが高くなります。
キッチンやトイレ、お風呂といったものが各部屋に必要ですし、耐火性能が一般住宅や戸建賃貸住宅に比べると高い基準になるため、設備費、素材費が高くなってしまいます。
また、一般住宅や戸建賃貸住宅に比べると単位面積あたりの荷重も大きくなりますか、地盤改良などもより大掛かりなものとなりやすく、建設コストの上昇を招きやすい一因といえます。
そのため、建設地域の賃料などを参考にして予想収益を見た場合、経済コストが自ずと決まってきます。そのコスト以上の収益が見込めない場合は、投資(=活用)としては問題があるといえるでしょう。
つまり、建設費用(=初期投資)をいかに抑え、それに加え、周辺地域よりもより有利な賃料設定(=価値の創造)ができるかがポイントと言えます。

より高い賃料を得るために

建築費の抑制は重要な問題ですが、それ以上に重要なのは、いかに高い賃料を得ることが出来るかということです。
賃料は入居率にも影響を与えますので、ただ高ければよいというわけではありません。入居者のコスト・バリュー(=コストパフォマンス)に見合った環境や設備を提供しなければ、高い賃料を設定しても、空室率が上がるだけです。
では、どうすれば良いのでしょうか?それは、他の物件との差別化以外にはありません。
多少、建築費が上昇しても、特定層を狙ってデザイナーズ賃貸住宅を建設するという方法もあります。また、家具・家電付きの集合住宅など、入居者の初期コストを減らすことで、より高い賃料を得ることも出来るでしょう。コンシェルジュサービスなどを導入して、高サービスをセールスポイントに賃料を設定しても良いかもしれません。
立地が最高に良い場合は別ですが、通常、ただ建てれば利益を手にできるというわけではないのです。

最適なプランをご提供

当社はコンサルティングが主な業務です。
そのため、直接工事を行ったりすることはありません。実際に建設するのは大手建築会社などになります。
では、コンサルティング料が余計にかかるのでは?とお思いになるでしょう。
確かにコンサルティング費用は頂きますが、コンサルティング費用以上のコスト削減、将来的な運営利回りを詳細に検討し、お客様にご提案しています。
特に、建築費用は考え方一つ、作り方一つで大幅な減額が可能です。その、ノウハウが通常の通常の建設会社任せのプラントとは異なる部分です。
また、将来的な利益・利回りは土地活用が成功かどうかを見極める大事な目安となります。
事前により利益を確保できるプランを作り、将来的な投資への道筋をご提案するのもコンサルティングの仕事。
お客様が最大限の利益を得られるよう、最適なプランをご提供いたします。
集合賃貸住宅に興味がありましたら、ぜひ、当社までお問合せ下さい。資金調達から建設プラン、運用プランにいたるまで、ご提案させていただきます。
もちろん、お問合せ・ご相談に費用は一切かかりませんので、ご安心下さい。

当社の建築物は10年の保証がつきます

ハウスマスターで物件を建てられた場合、各種検査、報告書の他に、10年間の建築物保証が付きます。
賃貸住宅はオーナー様の大切な資産であると同時に、投資資産でもあるので、建築後の不具合等があると、収益にも影響が出ます。
万一、ハウスマスターで建築した物件に瑕疵が発生した場合、当社が責任を持って修繕・保証を行いますので、ご安心下さい。 建物保証はJIOをはじめ、瑕疵保証のある建築会社を選定してご提案いたします。