ハウスマスターは土地活用を通じて、相続対策、節税対応、確実な利回りをお約束します。特に、サラリーマンの土地活用は税制部分でも有利です。

土地活用とは

土地活用とは、お客様が現在所有している土地資産を使って、新しい利益を得ることです。
大まかに言って2つの方法があり、一つは土地売却による資産の活用で、もう一つは賃貸事業による収益活用です。
最大の違いは、土地売却は、土地の権利を失う代わりに、一気に利益を得ることができ、他の投資などに振り分けることができます。
賃貸事業は、土地の権利を維持する代わりに、一気にまとまった利益を得ることはできませんが、定期収入として末永く利益を得る方法となります。
他の事業資金を確保したい場合や、投資の原資にしたい場合は売却で、長い目で見て安定した利益を得たい場合は賃貸事業で土地活用を図るのが一般的です。
当社はどちらの事業に関しましても、お客様の利益が最大化するよう、プランをご提案しています。

資産流動性の高い「戸建賃貸住宅」

従来の土地活用は集合住宅(アパート、マンション)を建て、土地の密度を高めることが主体でした。
しかし、集合住宅の場合は比較的広い土地が必要な上、建設コストも高額になりやすく、一定の入居率を維持して利回りを得ることが困難です(年月が経つと、入居率が落ちるため)。
そこで、比較的小さめの土地でも建築が可能で、建築費用も安価な戸建賃貸住宅が注目を集めています。
戸建賃貸住宅の場合、駐車場込で25坪程度から建築可能で、1棟あたりの費用も安価なため、初期費用を短期間で回収し易いのも魅力です。

収益密度の高い「集合賃貸住宅」

一定以上の土地があれば、集合賃貸住宅は最も、収益性の高い土地活用の方法と言えるでしょう。
建築費用は掛りますが、土地サイズに比例して飛躍的に収益率が上がり、土地単位あたりの利益を最大化しやすいのが、最大の魅力です。
ただし、中・高層建築の物件では、周辺環境や開発許可などのハードルも比較的高いものとなり、元の土地によっては地盤改良などで多くに費用が必要になります。
それらを踏まえた経済コストと、将来的な減資要因(入居率の低下など)を検討し、バランスの取れた資産活用を行う必要があります。

時代のニーズに応える「サービス付き高齢者向け賃貸住宅」

現在、少子高齢化の問題から、高齢者の住環境・生活環境が見直されています。
特に、特別養護老人ホーム(特養)などの高度な設備の場合、入居対象が比較的狭く(要介護3~5)、待機時間も長いため、需要と供給のバランスが取れていないのが実情です。
そのため、高齢者が自律的に生活しながら、一定の介護サービスを受けられる設備が必要となりました。それがサービス付き高齢者向け賃貸住宅です。
増大する老人人口をターゲットにすることで収益性の高い土地活用方法として、注目を集めています。

当社の建築物は10年の保証がつきます

ハウスマスターで物件を建てられた場合、各種検査、報告書の他に、10年間の建築物保証が付きます。
賃貸住宅はオーナー様の大切な資産であると同時に、投資資産でもあるので、建築後の不具合等があると、収益にも影響が出ます。
万一、ハウスマスターで建築した物件に瑕疵が発生した場合、当社が責任を持って修繕・保証を行いますので、ご安心下さい。 建物保証はJIOをはじめ、瑕疵保証のある建築会社を選定してご提案いたします。

土地活用の実例をご覧になりたい方へ

実際の土地活用の実例をご用意しています。土地活用にご興味のある方はぜひ、ご覧いただき、実際の収益性などをご確認下さい。